1. トップページ
  2. FAXの代替手段の可能性

FAXの代替手段の可能性

【月のFAX回数】5〜10回32歳・女性

自分個人で使用する分には、メールでも代用ができます。祖母が使用するにあたり、メールやパソコンの使い方を今後覚えていくのは大変難しく、使い方を教える時間を取ることも難しいです。高齢者とのかんたんなやり取りのツールとして現状は他の媒体では代用が難しく感じています。

【月のFAX回数】5回42歳・女性

FAXがなくなってしまったら私はメールに内容を打ち送ることができますが母や親せきはできるのかが微妙になってしまうのでFAXがなければ電話で話すことになると思います。FAXでやり取りをしている母も親戚もメールはできますがメールで文章を長く打っていると何を書いているのか、何を書いたのかわからなくなってしまう事があるようなので長文の時は電話で話します。

【月のFAX回数】6回50代・女性

通信相手が高齢の両親なので、パソコンやスマートフォンは利用できません。なんとか携帯電話は使えるものの、音声通話のみです。このような状況のため、代用するとしたら郵送になりますが、コストもかかるのし、手間です。

【月のFAX回数】540代・男性

メールでもできると思う。メールの場合は、例えばエクセルデータ形式で希望する日時に丸などを付けて、その他の希望欄はメールに直接書き込むなりすれば問題はないと思われる。そうしていないのは、ただ単に会社側の都合であり、私個人としてはどちらでもよい。しかし、大勢としては、メールにしてほしい人も多いようで、将来的にはメール形式になりそうである。

【月のFAX回数】5回40代・男性

ある程度はLINEで対応できるところもありますが、相手が文書で送ってきて申請系のものは対応できないものもあると思います。何より相手次第ですね。相手さえ対応してくれるならPDFをPCで作ってメールやメッセンジャーソフトで対応できそうです。

【月のFAX回数】2~3回40代・女性

仕事関係はメール等での代用はできません。通販の注文はネットでできるものもありますが、ホームページを持たない個人商店の場合はネットではできません。ネットでできる注文をFAXで行っている理由は単に面倒だからです。昔から季節ごとに注文を行っているお店の場合、時期になると先方から必要事項をすべて記入した用紙が郵送で送られてきます。毎年同じものなので、内容を確認し、〇をつけてFAXを送り返すだけなので、ネットよりずっと簡単にできます。

【月のFAX回数】5回ほど40代・男性

当然メール対応が通常でファックス対応など何のメリットもないと思います。しかし、先方がメールアドレスを管理して一斉ないし個別に送信管理するつもりが全くなく、未だにエクセルで作ったのフォーマットを様式変更の度に送ってきます

【月のFAX回数】1回34歳・男性

FAXがなくなることは、多分ないと思いますが、それ以外に、スマホで情報を得るなどの代用的手段があるのではないかと思われます。

【月のFAX回数】2回40代・女性

まず、出勤表については会社の方針なので、会社側がメールやWeb対応すればFAXがなくても問題ないですが、現状でもしFAXが自宅になければコンビニから送るという代替案になります。また、パンの注文についても、品物リストが養護施設からFAXで送られてくるため、そのリストをメールに打ち直してというのは現実的ではないので、FAXがないと困ります。

【月のFAX回数】10回30代・女性

メールでも代用できる内容です。しかし地域には高齢の方が多く、固定電話を持っていてもスマホやパソコンなどを持っていない方がおおいため、今でもFAXで連絡を取っています。またスマホを持っている方でも今までFAXで連絡していたのでその方がよい方が多いです。

Copyright (C) 2018 FAXユーザーの本音調査! All Rights Reserved.